法人デビットカードはどんな書類を揃えて作ったらいい?


法人デビットカードを作るには口座開設が必要

デビットカードを法人で作る場合、まずは金融機関の法人口座を開設しなければなりません。そして法人デビットカードを作成するときには、審査はありますが書類は必要ありません。しかし法人口座の開設に必要とされている書類はいくつかある為、何を用意しておかなければならないのかを理解し、開設前に手元に用意しておくといいでしょう。法人口座を開設するにあたり、必要とされている書類として挙げられているのが会社の商業登記簿謄本です。その中でも役員の名前が全部記載されている履歴事項全部証明書を取り寄せることが必要です。役員欄や目的欄を確認するためです。これがないと申請をすることはできない為、注意してください。オンラインで取得する方法と、法務局に行って取得する方法がある為、最適な方法を選びましょう。

必須となる書類が多い金融機関もある

それ以外にも必要な書類は複数あります。商業登記簿謄本だけではなく、会社の定款や会社印、代表者の印鑑証明書・実印・身分証明書なども必要となります。それ以外に会社の経営実績がどうなっているのか確認する書類が必要となり、法人設立届出書や青色申告承認申請書などが必要です。更に法人番号が確認できる書類として法人番号指定通知書等も必要となる為、確認して申請しなければなりません。それ以外一部金融機関では、主要株主名簿、あるいは主要出資者名簿が必要となる場合もあります。事業内容がどうなっているのか明確にするために会社のホームページ、パンフレット、事業計画書、顧客やクライアントとの契約書を必要とするところが多いです。

法人のデビットカードは、即時決済が可能なだけでなく、ポイントの還元率の高さや、審査手続きの容易さなどの理由で全国的に普及しています。