事業資金はどうやって用意する?資金調達の種類と選び方


資金調達の方法はさまざま

事業を行うには事業資金が必要です。どの程度の資金が必要かは事業の内容や規模にもよりますが、例えば開業するとなるとそれに伴う初期費用としての設備資金や、当面の事業を運営するための運転資金などがかかるので、それなりにまとまった金額を用意しておくべきでしょう。事業資金を調達するための方法はさまざまです。最もシンプルな方法は自分で資金を貯めること。そのほか、家族などに資金を借りたり、金融機関に融資を申し込んだりといった方法があります。また、昨今では事業に関する資金などをネットで募るクラウドファンディングという方法も認知度が高まっています。

資金調達方法の選び方

それでは、資金調達の方法はどのように選べば良いのでしょうか。ポイントは、自分がどのような資金調達を求めているのか考えることと、それぞれの方法のメリット・デメリットを理解することです。例えば現在手元に資金がなく、できる限り早く資金調達をしたいという場合は、金融機関への融資の申し込みやクラウドファンディングでの資金集めなどが適しているでしょう。金融機関への融資申し込みは、申請し審査に通ればおおよそ数ヶ月で資金振込となります。また、クラウドファンディングは支援者が集まれば短期での資金調達が可能です。ただし、資金を借入れた場合、元本・利子の定期的な返済を行わなければならないことは留意しておくべきです。高額な資金が必要な場合もやはり金融機関への融資申し込みなどが現実的でしょう。ただし、融資額が大きければ大きいほど、月々の返済金額が高額になること、利子のトータルが大きくなることも踏まえた上での検討が必要でしょう。

事業資金とは、何か事業を始める際、元手となるお金のことを言います。事業主の個人資産を利用すると思われがちですが、現在日本では、株を発行して株主から投資を受ける方式が主流です。