老後資金に不安を抱えている方は必見!イデコで賢く老後資金を増やそう


個人型確定拠出年金(イデコ)ってなに?

イデコとは、個人があらかじめ決まっている掛金額を拠出し、将来の給付額が運用実績で変動する年金制度です。平たく言うと、60歳までの間に毎月掛け金を納めて、その掛け金で投資信託などの金融商品を選んで運用し、60歳以降に運用した資産を受け取るというものです。国民年金基金連合会が実施しています。

イデコで資産運用しながら老後資金を作れる

イデコは、老後資金が退職金や国民年金、厚生年金だけでは不安だという方にぴったりの制度です。イデコでは運営管理機関に対して、加入者が自己責任で運用の指図を行います。つまり、自分の投資次第で60歳から受給できる金額が変わるのです。上手に運用することができれば元本を上回りますし、上手く運用できなければ元本を下回ることもあります。しっかり勉強して損をしない運用をすれば、老後資金を増やすことが可能となります。

確定個人年金とどう違うの?

確定個人年金は、保険会社で加入する個人年金保険、つまり貯蓄型の保険商品のことです。自分で運用次第で受給額が変わるイデコとは違い、保険会社や企業が運用し、加入した時点で将来の年金の受給額が決まっています。

イデコの最大のメリットは「節税」と「非課税」

まず、iDeCoで積み立てた掛け金の全額が所得から控除されます。つまり、所得税と住民税が軽減するのです。確定申告を行えば、所得や掛け金に応じて税金が返ってきます。

さらに、運用中に発生する運用収益は、運用中は課税されず、給付時まで繰延べされます。通常は運用収益の20.315%は税金に持っていかれるのですが、イデコではこの税金を取られることがないのです。

今の生活が大変な中で老後の生活のお金を貯めるのは大変です。そこで、貯めながら増やせるイデコを利用してください。税金メリットもありますので、非常にお得です。