ファクタリングで資金調達!具体的な内容を把握しよう


売掛債権を売却して現金化しよう

売掛債権は商品を売った側が売掛先からもらえるものです。この売掛債権には代金が支払われる期日が書かれていて、その期日になったら代金をもらえます。それだけにすぐに代金を貰えないため商品を売った側は資金繰りが難しくなる場合もあるので注意です。
そういう事態になったときはファクタリング会社を使ってみると良いでしょう。ここは売掛債権を売却する事ができるサービスです。売却をすると手数料をいくらか差し引かれますが期日前に現金化できます。資金繰りが難しくなったときに使うと安全に現金を手に入れる事ができるので検討するといいです。
ただしファクタリング会社ではノンリコースとリコースがあるので注意しておきます。安全な資金調達をしたいときはノンリコースがいいでしょう。こちらは売掛先が倒産しても売掛債権の返済をしなくていいのがメリットです。基本的に売掛先が倒産したときにリコースだと売掛債権を売った側が負債を支払う義務が発生します。
そういう理由があるのでノンリコースの方が安全性が高いです。

殆どの会社は3社間取引を使う

2社間取引と3社間取引が用意されていて、これは売掛先が取引に介入するかどうかの違いがあります。基本的に2社間取引を行っているサービスは少なく3社間がほとんどです。
3社間取引はファクタリング会社と売掛先、売る側が打ち合わせをして満場一致で売掛債権を売る内容をしています。トラブルが起こりにくいのがメリットなので安全のために3社間取引を行いましょう。

ファクタリングとは、企業が保有している売掛金を買い取る仕組みで、期日前に現金化できるメリットがあります。