声優になる為の道のり、声優の専門学校の特徴とは。


声優になるにはどうすれば良いか

声優として活動する為には、幾つかの道のりを乗り越えなければいけません。まず1つ目に、声優の専門学校に入学するか、声優の養成所に入るかという選択肢です。まず、主に専門学校は授業時間が長い全日制の学校が多く、認可校であれば卒業時に専門学校卒の学歴が認定されます。養成所よりも定員数が多いという特徴があり、定員を超えるということが少ない為、比較的容易に入学出来ます。学費が高いという特徴もありますが、学園祭やコスプレパーティー、アフレコライブなど多彩なイベントも多くあるのも専門学校の特徴の一つとして言えるでしょう。次に、養成所についてですが、レッスン期間は半年から1年で、週に2,3回程行います。授業時間に関しては専門学校に比べると短いですが、仕事や大学などと両立しながら通うこともできますし、専門学校よりもより実践的な内容のレッスンを行うので無駄がなく、実力をしっかりと身につけたい方にはオススメです。また声優所は声優プロダクションが母体となっているケースが多いので、実力のある人にはオーディションの声がかかることもあるようです。

声優の専門学校で学べること

声優の専門学校で学べることを幾つか挙げると、1つ目が、「滑舌とイントネーション」です。声優は滑舌が悪いと仕事になりません。地方出身の方などもイントネーションについてもしっかりとレッスンします。2つ目が「演技力と体力作り」です。声優だからといって演技力が必要ではないかといったらそうではありません。複式呼吸を正しく持続的に行う為に必要な体力作りと合わせて、表現力を学ぶにはどちらも重要なレッスンといえるでしょう。

声優の専門学校とは、声優になるための様々なスキルを基礎から学べる学校です。多くの専門学校がありますが、最近では有名声優が代表を務める専門学校も増えています。